仲介業務は紹介業

不動産仲介業務という仕事の商品は情報です。
その情報を基に紹介業を営んでいると言っても良いでしょう。

賃貸住居用の仲介業務では【借主(エンド)】のほとんどは『初めまして』やけど
【貸主(管理会社などを含む】は過去に複数回取引が有ったり等で『初めまして』ではない場合が多い、特に一般個人レベルの家主さんは取引は初めてであったとしてもエンドさんを連れて行ってから『初めまして』となる事はまず無い。
事前にどのような賃料などの条件を考えているのか、どのようなエンドさんが希望なのかといったコミュニケーションを十分にとった上で適合するエンドさんを紹介するからである。

なので通常は家主さんの条件に適合したエンドさんがその物件をお気に入りになれば契約に向けて進めていくことになります。通常はね!

しかしエンドさんにお気に入り頂き、お申込みをしてもらってから後出しの様な事を言い出す家主さんもいらっしゃいます。審査を行う上で当然と思えるような事をエンドさんに聞くといったことであれば良いのですが、そんなん聞く必要ある?っていう事も「聞いてくれ」って言うたりします。(例:看護師って事は昼夜逆転して夜中に活動することもあるん?)

結果そんなことを聞いたりして変な家主さんと感じてエンドさんからキャンセルをされたりします。

冒頭に書いたように紹介業であり、かつ成功報酬に縛られている宅建業なので成約しない事には徒労に終わります。

ビジネス間だけではなく個人間でも同じだと思うが、信頼できない友達を誰かに紹介するというのは難しくはないでしょうか?何故ならそのような人物を紹介した自分自身に対しての評価を下げる可能性があるから。

エンドさんは評価を下げた紹介者でお世話になろうとは通常は思わないでしょうから、宅建業者としては評価だけでなく報酬を失うことになる。
結局そのような(ややこしい)家主さんの物件へ率先してエンドさんを紹介しようとしなくなるといった事につながります。

逆にいつも無理を聞いてくれている家主さんには条件にマッチしてなおかつ良好なエンドさんに率先して物件紹介しようとなります。

ビジネスとして信頼の置ける関係を築くことがより良い未来へ紡ぐ一つの方法かと思います。

知らんけど!