入居審査について

入居審査に不安がありますといった質問をよく頂きます

大前提として審査に入る前から不安がって踏み込まないのは、実に無駄な悩みや時間です。
審査に踏み込まない=審査に落ちたと同じようなもので結局その物件に入居出来ることは無いからです。
仮に審査に落ちたとしても、なぜ落ちたのかを検証し次に進めれば良いだけだからです。

審査に落ちる理由は様々ですが、落ちた後で身に覚えのある事は無いか?と聞いてみるとほとんどの方があると答えます。

【家賃の滞納歴が有る・携帯電話の滞納歴が有る・クレジットカードの滞納歴が有る】

残念ながら上記に覚えがある方は部屋を探す初めの段階で選べる物件が半分近くは減っております。
にも関わらず初めに不動産屋に伝えておかないために落ちるのです。
基本的に審査は仲介する不動産屋がしている訳ではありません、しかし滞納歴のある方は通らない物件は不動産屋は分かっていますので初めから滞納歴が有る事を知っていればその物件は提案しません。
かといって不動産屋から初めに滞納したことは無いか?とは聞きたいと思っていても失礼になるので聞きません(聞けません)。
自身の時間も無駄にしないためにも自ら言う方がよいでしょう。
それを聞いても不動産屋は何ら思うことはありません、むしろ初めに言ってくれる方が信頼されていると感じそれに応えようとします。

【審査の電話で横柄な態度】

入居審査はこれから月単位年単位での長いお付き合いをするという前提で行われております。
その理由から電話をした際に横柄な(まともな受け答えが出来ない)態度な方は落ちます。
普通に受け答えすれば良いのです。子供でも出来ます。
全然つながらない方も何かあっても連絡が取れない方となり落ちます。
仕事などの理由で常に出れる訳ではないのは当然です、その場合手が空いた時に折り返しすれば良いだけです。日本一忙しい総理大臣でも出来ます。

【その他、仕事や連帯保証人など】

反社会勢力(いわゆる暴力団)の方は当社では対応できません。
それ以外のフリーター、水商売や風俗店勤務(いわゆる夜の仕事)、無職の方でも全ての物件ではありませんがほとんどの物件は契約できます。
しかし対応が可能な不動産屋と対応できない不動産屋があります。
初めから不動産屋に伝えておいた方が信頼してくれていると感じ、対応できない不動産屋は対応できません言ってくれます。
連帯保証人は『無しでもOK』という物件はたくさんありますが、正確には『不要ではなく無しでも審査します』という意味です。無しでも受け付けるというだけなので有りの方が断然審査は通りやすいです。また、連帯保証人必須の物件も少なからずあります、そちらは無しでは門前払いされます。
また、連帯保証人は不要でも緊急連絡先は必須です。
『出来れば無しで』と希望をされる方もいらっしゃいますが、『出来れば』ではなく連帯保証人を用意『出来るか、出来ないか』で答えるほうがお互いに無駄な時間を減らせるので良いです。
用意出来るほうが当然審査も通りやすく、契約金も安くなるといったメリットがあります。
自分は信用が無いから頭を下げようが親兄弟すらも連帯保証人にはなってくれない!って方はこのメリットを諦めましょう。
人に頭を下げて連帯保証人をお願いするのはプライドが許さん、契約金が安くなる必要はない!金はあんねん!って方はそれで良いと思います。

【審査の通りやすさ】

一流企業勤務 ≧ 零細企業勤務(従業員2人~程度) ≧ ③ >>>>>>>>>> ①となってます。②は問題外です。
なぜ一流企業が一番上かというと単純に倒産しにくい≒会社都合による離職になる可能性が低いからです。

例え一流企業に勤務していたところで①に該当すれば③に該当する方より審査は落ちます、お勤め先が一流なだけで契約者になる個人に問題があるからです。

逆もしかり、例えフリーターであろうが契約者個人が問題の無い真面目な人物であれば審査を通せます。

また、①についても軽度と重度があります。
軽度の方が契約した先で家賃滞納を起こし、また契約した先で・・・と続けていくといった方は重度となり、どこの審査も通らなくなりわずかに残る契約可能な物件を進める時があります。
当然そのような物件はそのような方が入居者として多数を占めますので質はお世辞にも良いとは言えません。
何故かそういう方ほどご自身の立場をわきまえずそういう物件は嫌だから他に無いのかと言うのです。残念ながら審査に通らないのでどうしようもありません。お互いに時間の無駄です。
不誠実な事を繰り返せば己の首を絞めることになりますので質の良い快適な物件にお住まいになられたいのであれば誠実であることですね。

【★☆★☆★重要★☆★☆★】

当社は【審査の通りやすさ】①から③未満(以下では無く未満です。)の方を③以上の方のみが契約出来る物件に契約できるようにする事は出来ません。
様々な事情があって現状は①の状態なったがそれを脱却しようとしている誠実な方は世の中沢山いらっしゃいます。
当社はそのような誠実な方のお話を伺いし出来る限り質の良い快適な住まいを契約できるようにお手伝いする事は出来ます。
また、審査を通すノウハウの無い不動産屋で審査に落ちた方は残念ながら貸主サイドのリストに載ってしまうので審査を通すのは難しくなります。
初期費用が安いを前面に押し出している不動産屋のほとんどは薄利多売方式なので審査を通すノウハウが無い(必要無い)のです。

一人のお客様の審査が落ちようが他のお客様でカバーするのでよい、貸主側との折衝を行わず機械的に審査書類を出すといった考えです。
当社では全てのお客様が審査に通る様に熟考して手続きを行いますのでお客様は入居審査の通過率98%です。

入居審査は1発勝負で、いくら初期費用が格安でも審査に通らなければ『絵に描いた餅』です、審査に強い当社にお任せください。