相続放棄とは

人が亡くなると同時に相続という法的な事象が生じます、その相続に関係あるはなし。

借金しかあれへんがな!

相続ってのは被相続人(亡くなった人)の遺産(財産)を引き継ぐ事なんですが、その財産も資産と負債があります。

資産(プラスの財産:預貯金など)が負債(マイナスの財産:借金など)よりも多ければ資産をもって負債を解消し残った財産を受け取れば良いのですが、もし負債が多ければそんな自分が作った訳ではない負債なんか受け継ぎたくないですよね。

相続放棄はどうやるん?

相続っていうのは自己の為に相続開始を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述(しんじゅつ)しなければ単純承認したことになります。

単純承認とは『一切合切引継ぎますよ』と認めるって事です。
引き継ぐつもりならええんですがそうでないならちゃんと行動しなければダメですね。
何事でもほったらかしは良い結果を生みません。

どこの家庭裁判所に出すん?

被相続人(亡くなった人)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述します。

管轄を知りたい方はここを見てや

裁判所の管轄区域 | 裁判所 (courts.go.jp)

相続人の誰かが出したらいけるん?

相続人各々が自分の立場を示すために申述人とならなければあきません。

『自己の為に・・・』って書いたあるやろ、誰かがやってくれるやろではあきませんで!

その他

別に全ての相続放棄案件が負債が大きいからって理由だけでは無いで!

中には昔ながらの感じで『長男が全ての権限及び財産を受け継いでいく』って感じの一族やったら、長男以外の相続人全員が相続放棄を行えば全ての遺産が長男の所にいくからね。

そんな感じで相続人の誰かに譲ったげよって理由でも相続放棄を使ったりする場合もありますよ。

相続相談の仕事待ってるで!

基本用語集:続々追加予定

【あ】
姻族:配偶者の血族

【か】
改正原戸籍:戸籍法の改正に伴い、様式が変わる前の戸籍

【さ】
再代襲相続人:代襲相続人の更に直系卑属に相続権が移る事。傍系には非適用
再転相続:相続人が承認か放棄かの熟慮期間中に亡くなった場合におこる相続
数次相続:相続人が承認後で相続協議中などに亡くなった場合に起こる相続
相続人:亡くなった人の財産を引き継ぐ権利のある人、法定相続人と呼ぶ
尊属:自分より上の血族、姻族

【た】
代襲相続人:被相続人の子が既に故人のため、代わりに相続する子の子(孫)みたいな感じ。同位扱い
嫡出子:婚姻関係にある男女から生まれた子
直系:自分のルーツ(ルーツってのは養親や養子を含む)

【な】

【は】
被相続人:亡くなった人
卑属:自分より下の血族、姻族
傍系:自分のルーツの途中で枝分かれした血族

【ま】

【や】

【ら】

【わ】