賃借希望者の変わった行動

賃貸借契約に関係する登場人物的なんってだいたいこんな感じですねん。
貸主=A媒介人や貸主≒A媒介人ってのもあるけど。基本は貸主≠A媒介人です。

A媒介人はいわゆる管理会社と呼ばれる立場である場合がほとんどです。
一般的に街中にある不動産屋のほとんどはB媒介人の立場で仕事をしてます。
※媒介人は宅建業の免許が必須ですが、管理のみは宅建業は不要です。実状はほぼ宅建業を取得してるけど。

この記事内のA媒介人は管理も請け負っている前提で読んでください。

賃貸のお客様で「B媒介人ではなくA媒介人に依頼すれば少しでも安くなるんちゃう?」との考えからやたらとA媒介人の所に行きたがる方がまれにいてはります。(逆で「〇〇が管理してる所は嫌なんですが」って方の方が多いですけど)
しかしB媒介人が任意の附帯費をあたかも必須としてへん限りは総賃料も含め費用は基本的に同じで、もし偶然ではなく意図があって借主がA媒介人の元に行って貸主借主双方の媒介人となった場合、A媒介人はどちらかと言えば貸主寄りの立ち位置になるんではないかと思います。

なんでか??

その借主が問題を起こさん人やったらええですが、万が一問題を起こした場合にその借主の媒介人たるA媒介人と貸主の信頼関係にキズが入る可能性があるからです。
貸主からすると問題を起こした借主が一番アカンのは当然やけど、目の前のA媒介人からの借主か、会った事もないB媒介人を通じての借主かでA媒介人に対して心情的に違いが出ますやん⁉
もしA媒介人は貸主との信頼関係が破綻してまえば管理会社としての立場を追われ、いわゆる管理料といった売上減少につながり結果として大きな損失を生みます。

せやからA媒介人としては成立すれば媒介売上が見込めるが一方で管理会社としてリスクの高低を見なくてはいけない。その借主が退去(解約)されるまで年単位でのお付き合いが続くわけですから。

B媒介人に物件紹介を受けた後に「A媒介人もおらんかったらもっと安くなるんちゃう?」と思ってこんな感じで貸主にアプローチする借主も皆無ではありません。

しかし貸主もトラブルを避けるため少なくとも「A媒介人と話をしてください。」ってだいたい言います。貸主は自らの労務やリスク回避のために管理者に対し管理料を払っているんやから当然です。
しかし申し込みをしたとしてもA媒介人もB媒介人のみならずA媒介人をも蔑ろにしてくる人が貸主にのみ誠実な対応をする人とは考えにくいから「自己中心的考えの人やと思われるからトラブルを起こすリスクも高く、またトラブルが起こった際の解決もスムーズに進みにくい可能性が高いですよ。」と貸主と助言すると思います。というより審査の判断材料になる助言も出来んような管理会社に貸主も任したらアカンわな。
その事が一因で残念ながら【いわゆる審査落ちと呼ばれるお断り】となる事もあります。

一方でB媒介人の立場はその借主が契約成立までしなければ何ら売上にはつながらんので、お断りされんように成立に向けて最大限借主側に立った仕事をするのに対し、A媒介人としては『必ずしもその借主でなければならない』といったわけではないのでリスクが許容範囲か、貸主に損失を与えるものでは無いかを調査し助言するわけです。
重ねてですが貸主や管理会社はその借主と年単位でお付き合いが続くわけですから。

以上の事を踏まえて借主は【貸主】【A媒介人】【B媒介人】の誰と話をすべきかは人それぞれです。

私見ですが、『わずかに安くなるかもしれない』を求めて『審査落ちの為に目的の物件に住めない』といったリスクをとるのであれば審査落ちリスクを回避した方が賢明と思う。
もちろん安いに越したことが無いというのも重々承知してますが、お気に入りの物件に巡り合うために費やした時間は各々それなりにあるでしょう。でもその『わずかに安くなるかもしれない』の為にその時間は全て無駄となりお部屋探しを止めないのであればまた時間をかけて次にお気に入りの物件を探さなければなりません。

2分で行ける所に売っている10個入り玉子より20分かかる所に売っている10個入り玉子が10円安い。
一日に使う数によるでしょうが、あなたならどちらで買いますか?
この時給が約1,000円~の時代に『時間』の優先度は低いですか?

注:このコラムに書いてあることは個々の事象ではなくあくまで経験則に基づくものです。知らんけど!