契約って何で印鑑証明書がいるん?

印鑑証明書って何なん

印鑑証明書とは居住している自治体に登録した印鑑(印影・印章)を証明するもの。
個人だけでなく法人も登録ができ、登録した印鑑は一般的に個人は実印、法人は代表印(別の時もある)と呼ばれる。

賃貸借契約書で連帯保証人が用意する書類で印鑑証明書が必要

賃貸物件の契約に必要な書類ってところで書いたけど連帯保証人は印鑑証明書の用意が必要で
契約書に押してもらう印鑑は実印(印鑑証明書と同じ印影)が基本。
何でかというたら大前提で印鑑登録を出来るのが登録者本人のみとなってるから。
その上で登録された印鑑を保有し、捺印できるのが登録者本人のみと推定できるから。

そやから契約書類に押してある印鑑が実印かどうかを契約書類を持っている者が証明するためには印鑑証明書とセットで保有しておく必要があるんや!
逆にいうたら印鑑証明書をセットでもろうとかへんかったら実際には(※捺印当時の)実印が押してあったとしても書類を保有している者がそれは実印かどうかを証明する手段が無く、連帯保証人が「そんなんワイ知らんで!それ誰かの認印(※1)ちゃうん?ワイ本人が捺印した証拠あるん?」って言いだしたら責を問われへん可能性もあるねん。
仮に裁判しても誰が捺印したかを証明するんは訴えた側やから訴えられた側に「印鑑証明書を出してくれたら印影がお宅の実印かどうかハッキリするやん、そやから出してよ」って言うても自身が不利になる証拠なんか出せへんやろし、ホンマに事実無根やったとしても「何でわざわざ出さなあかんねん!」ってなるやろ。

それに(※捺印当時の)ってあったけど、登録している印鑑は変更したり廃止したりできるねん、まぁ無くしたり破損したりする人もおるから当然の措置やね。
そやからトラブルなってから出してもらったかて変更とかされてたら意味ないわな、登録日は載ってるけど。

長なったけど『その日その時にその印鑑を使って捺印した者は印鑑登録を行った本人である』とするには印鑑証明書がセットやってことな。
その印鑑証明書も発行から3ヶ月以内ってなってる場合多いんやけど変更可能な点や本人確定の意味から捺印日に発行された日付のモノが理想として出来うる限り直近ちゃうかな。
法的には『発行から3ヶ月以内の日付で捺印されたものは本人と推定する』とかあんのかな?そんな法律的なんは知らん、弁護士に聞いてくれ。

ちなみに印鑑証明書は印鑑登録後に貰える印鑑カード握りしめて役所行ったら他人でも受け取れるで、そやから印鑑証明書自体のみで本人確定には成らんで!印鑑証明書と同じ印影が捺印された書類は印鑑証明書に記載された人物が捺印したものとするって事。
例えば覚えのない借金返済を求められ事実無根で訴えても、印鑑証明書と共にその印章が押してある金銭消費貸借契約書(いわゆる借用書)を証拠として出されると借りていない証明をするのは難しくなる。
そやから印鑑カードと登録されてる印鑑(実印)は別々に保管しときや!

1 認印とは印鑑登録されていないその他大勢のハンコ達、100均のハンコも認印になるし、登録したら実印やで!まるで『と金』みたいやな

印鑑証明書については以上!

勝手な考えで書いてるからおうてるかどうかは知らんけど!とりあえずチャンネル登録もしてや!