仮押さえ?部屋止め?って何?

取り合えず押さえておきたい!

もっすごい前向きなセリフから始まりました今回のテーマ!

まだ本決まりでは無いですが検討したいので「部屋を仮押さえしてもらえますか?」
こんなセリフ言うたことないですか?

その意図には『この物件でええんか?』『さらに希望に近い物件が無いんか探してみよか!』『おとんおかんに相談してみよ』など様々な理由があり、その間に別の人にとられてもうては困るという事やと思います。
もちろんお部屋を決められるのに悩まれることは当然です。
私も悩みます!(いや、あんまし悩まんかな?この仕事しててなんやけど、住めば都の感覚持ちやし)

『仮押さえ』と同じ意味で『部屋止め』という言い方をする場合もあります。偶に『仮契約』と言われる方もいてます。

このいわゆる『仮押さえ』と呼ばれる行為ですが、厳密には存在しまへん!

賃貸借契約の流れは下記の様になってます。

①入居申し込み②入居審査③賃貸借契約④鍵渡し(引き渡し)
ここから後は①、②…と略します

この①がいわゆる『仮押さえ』に近いもんです。

ん?①=仮押さえではないん?と思うかもしれませんが全くちゃいます。
①を貰ったらあなたを1番手として②を行いますよってだけで、その後③④と続くわけです。
要するに契約に至り、引き渡しをするために①を行うんです。
事実としての契約成立は②のOKが出た時点ですが、それまでがいわゆる『仮押さえ』に近いというだけです。

なので1番手が入ったら基本的にはそれ以降の①は断るか2番手、3番手になるのを了承いただき①を受け取ります。
しかし2番手以降の方はたいてい1番手の動向など待たずに別を探します。
もしその物件が2番手のベストだったとしたら、そもそもキャンセルの可能性を含めた1番手の①なんて貸主からも2番手の方からも迷惑そのもの。(機械ロスってやつやな)

もしあなたが2番手の立場やったとしたら1番手の奴にめっちゃムカつくでしょ(笑)

そやから『取り合えず押さえておきたい!』ってのは実は全然前向きでも無かったんですよね~。

そんな感じの内容を動画で分かりやすく話してるから見てや!
ってちょっと前にも同じような内容で既に書いてたやん‼まぁええわ!
【同じようなやつ】←クリック

※賃貸借契約は書面ではなく口頭でも成立するので②の承認が出た時点で成立とみなされます。(民法)ですが実務は③で成立ってなってます。
売買については書面を交わして成立です。(宅建業法)
法整備が行き届いてなくて変な感じでしょ!知らんけど!