QRコードを読むのに便利

何でもかんでもQRコードついてるやん

この頃はなんや言うたら詳しくはQRコードを読み込んで専用HPで確認してください的なんが多いやん。

これが良い悪いの賛否については何ら言うつもりはありません、むしろチラシなどの紙類に文字や写真を載せるのに限界があるからメチャクチャ便利やと思ってる側です。

このQRコードを読み取るのにどないしてはりますか?

色々な方法を使ってはるとは思いますけど、便利やなと思うやり方を書いていきます。

LINEのアプリ

iPhone、android、その他の端末に関係なくかなり大多数の人がラインのアプリって入れてると思います。

そのラインのアイコンを長押しして見てください。

いくつか選ぶのが出てくるかと思いますが、その中からQRコードリーダーってのが出てくるかと思います。

それでQRコードを読み取って該当リンク先に進むことが出来ますよ。

因みにその時に出てくる『マイQRコード』を押して出てくるQRコードは友達とLINE交換する際に使えます・

Googleレンズ

アンドロイド端末やとGoogleの検索窓が標準で搭載されてると思います。(たぶん)

そのグーグルの検索窓の端っこにカメラっぽいマークあると思います。
それがGoogleレンズって呼ばれてるものでメチャクチャ便利な代物です。

赤枠のやつがGoogleレンズです

これをポチっとして、『カメラで検索』を選んだら端末のカメラが起動するのでQRコードに向けたら反応してくれますのでそっから該当リンク先に接続できます。

このレンズの便利機能の一部で知りたいものを撮影(?)するとそのままグーグル先生が検索してくれます。

なので名前が分からん動物とかをGoogleレンズで調べたりとかできます、何なら数学の問題や翻訳も可能です。

それと友達から画像でQRコードを送ってもらっても、『そもそも端末が2台無いと無理やがな!』っていう問題(自分の背中は自分で直接見えへんで!みたいな問題)も、Googleレンズを起動した際に『カメラで検索』ではなく『画像から選ぶ』を選択すれば1台で問題なしです。

iPhoneでもGoogleレンズのアプリをダウンロードしたら行けると思います。

練習用QRコード

浪速区暮らしYouTubeチャンネル

この記事をパソコンなどの端末で読んでいるなら、スマホなどの端末で練習で。
スマホでこの記事を読んでいるなら、このQRコードをスクリーンショットで保存してからGoogleレンズで読んだり色々練習してみてください。

QRコードは『浪速区暮らし』っていうYouTubeチャンネルです。ぜひチャンネル登録をお願い致します。