新築物件での出来事

浪速区内で新しく建築されてる物件(いわゆる新築物件)の半分かそれ以上に投資用の分譲マンションが多いんですよね。

投資用の分譲マンションと一般的な賃貸マンションの違いって何か?
それについてはまた別の話でするとして

新築マンションがそれなりに完成に近づくと建築中でもお客さんを連れて案内したり室内写真が撮れたりします。

ここからが本題です。

このあいだ建築中の投資用分譲マンションにお客さんを連れて案内しに行きました。

建築中の場合は現地の現場監督さんなどに声を掛けてモデルルーム的に用意されている案内可能なお部屋まで連れて行って頂きます。

ほとんどは2階部分で場合によってはヘルメットなどを被って非常階段から上がるので監督さんも勝手に行かれるのは危ないからだと思います。

お部屋前に着いて、

監督さん「どのお部屋を案内されますか?」

私:「どのお部屋を見ますか」

お客さん:「見れる部屋全部見比べたいです」

監督さん:「どれも一緒ですよ」

私:「知ってます」

お客さん:「!?」

近ごろ浪速区に建っている分譲賃貸ってプレサンスシリーズかエステムシリーズのどちらかが大半を占めていて1Kタイプとかになると同じプレサンスであれば場所が違うだけで仕様も広さも間取もコピーかな?って思うぐらい。

尚更同じ建物内なら角部屋、反転、向きの違いぐらいしかありません。

お部屋探しをしていて実際の内覧、インターネットでの検索問わず「どれ見ても一緒やな」って思ったこと無いですか?

その通りです!

最近の物件は写真を撮りに行っても場所が違う、号室が違うだけで同じ写真を撮ってる感じで全然面白くないですから。(笑)
築年数が古いものほど色々な間取があってリノベーションされていたりなど面白い物件がありますよ。