退去時の原状回復費用って?

お部屋を入居する時にもう退去の事を考えてるって方は少ないですよね。

今回のテーマ『退去時の原状回復費用』って?って話

原状回復って何?

まず原状回復って何なん?ってことですが、契約時(いわゆる入居時)の状態に戻すってことを原状回復っていいます。

契約時の状態に戻すってことなので、「もし新築で入居したら全て新品に戻さなあかんの?」って思うかもしれませんがそうではありません。

「賃借人は、賃借物を受け取った後にこれに生じた損傷(通常の使用及び収益によって生じた賃借物の損耗並びに賃借物の経年変化を除く。以下この条において同じ。)がある場合において、賃貸借が終了したときは、その損傷を原状に復する義務を負う。ただし、その損傷が賃借人の責めに帰することができない事由によるものであるときは、この限りでない。」

民法第六百二十一条(賃借人の原状回復義務)

普通に使ってて傷んでくるものとか経年劣化によるものなどは対象外ってなってます。

どこまで原状回復せなあかん?

「普通に使うって何なん⁉経年劣化て何なん⁉」「そんなん誰基準なん!」って思うのは当然ですよね。

そやからそのガイドラインが国交省から出てます。

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

国土交通省住宅局

いや、量多すぎ!

なんせ入居時の状態に戻すってのが基本やけど、その費用は貸す側が払うのか借りる側が払うのかってことよね。

ガイドラインの経過年数超えたら払わんでいいん?

「クロスの残存価値が1円になるまで住んでるからビリビリに破ったってん、別に1円の価値しかないからええやろ、文句あるんやったら1円払ったるわ」

こう思う方もいてるかもしれませんがそうでは無いんですよね。

残存価値がたとえ1円になろうとも引き続き設備として利用可能なものを破損して良いわけではありません。

当たり前ですよね、そもそも借り物で人から借りたものを客観的に価値が無いから壊して良いと考えるのは異常です。

当然ガイドラインにも書いてあるとおり、費用負担となることがあります。

なお、経過年数を超えた設備等を含む賃借物件であっても、賃借人は善良な管理者として注意を
払って使用する義務を負っていることは言うまでもなく、そのため、経過年数を超えた設備等であ
っても、修繕等の工事に伴う負担が必要となることがあり得ることを賃借人は留意する必要がある。
具体的には、経過年数を超えた設備等であっても、継続して賃貸住宅の設備等として使用可能な場
合があり、このような場合に賃借人が故意・過失により設備等を破損し、使用不能としてしまった
場合には、賃貸住宅の設備等として本来機能していた状態まで戻す、例えば、賃借人がクロスに故
意に行った落書きを消すための費用(工事費や人件費等)などについては、賃借人の負担となるこ
とがある

ガイドラインの12ページ図3の上あたり

残存価値1円ってのはその部材が1円なだけでその部材をそれたるものにする工事費などは別の話ではないでしょうかね?

出来るだけ退去時の費用を減らすには?

家ってのはリラックスできる場所やと思うのでそういう空間で細かいところまで気を使って住むのは嫌やん!

そやから普通に住んでればええねん。わざと汚すとか壊すとかの故意てのは問題外やけど、過失はウッカリやから仕方ないやん。

でも入居時から傷んでたところを費用負担せなあかんのは納得いかんやろから、鍵を貰って初めにすることは傷んでるところをチェックして、何なら撮影時の日付入り写真を撮って管理会社に提出及び保管しとくことです。

たまに内見の時からそんな細かい傷までチェックする方がいてるけど、時間の無駄です。人それぞれやからアカンって言うつもりは無いけど、新築でも少しぐらい傷はあるからね。