相続ってナンボもらえるん?(配偶者なしの場合)

人が亡くなると同時に相続という法的な事象が生じます、その相続に関係あるはなし。

法定相続分の割合は?

相続できる立場=法定相続人の順位は前にかきました(相続の順位参照)けど
ほなその順位でナンボもらえるん?って気になりますよね⁉

誰がナンボもらえるかってのもちゃんと法律で決まってますねん。
前回【配偶者あり】で書いたので今回は【全て配偶者なし】のパターンを図と共に順に説明していくで。
んで相続金額は前回と同じく仮で3000万円とします。

①子供ありのパターン

法定相続人法定相続割合図の場合
子(養子含む)人数で均等割り3000万円÷2人=1500万円ずつ

養子実子問わずの人数で均等に割って分配します。
生涯未婚の配偶者なしでも養子がいれば相続人となります。
子が亡くなっており子に子(被相続人から見たら孫)がいた場合は代襲相続人になり人数に含まれます。
直系尊属には相続権がありません。

②尊属のみパターン(子供なし)

法定相続人法定相続割合図の場合
尊属(養親含む)人数で均等割り3000万円÷2人=1500万円ずつ

子供がいなくて親が健在の場合はその人数で均等に割って分配します。
多いのは2名ないし1名でしょうが、養親がいれば人数に含まれるため、もしかしたら3名以上の場合もあります。
親が故人の場合は祖父母が相続人となりその人数で均等割りとなります。
兄弟姉妹には相続権がありません。

③兄弟姉妹のみパターン(子供なし・尊属なし)

法定相続人法定相続割合図の場合
兄弟姉妹人数で均等割り3000万円÷2人=1500万円

祖父母を含む尊属が亡くなっていた場合は、兄弟姉妹の人数で均等割りとなります。(3人いたら3000万円÷3人=1000万円)
兄弟姉妹のいづれかもしくは全員が亡くなっていた場合はその子(被相続人から見たら甥や姪)が代襲相続人として加算されます。兄弟盃的な兄弟関係はあかんで!

配偶者ありとなしの違い、その他

【配偶者あり】【配偶者なし】で相続人たる順位が変わるわけではなく、あくまで特別枠である配偶者の分配がなく、均等に分けるというだけです。

次回は【配偶者なし、子なし、尊属死亡、兄弟姉妹なし】の場合はどうなるか書いてみようかと思ってます。

定相続分の割合っていうのは遺言が無い等といった場合のあくまで基準になるものです。
相続人全員が納得すれば相続割合を変えることも可能です。

基本用語集:続々追加予定

【あ】
姻族:配偶者の血族

【か】

【さ】
相続人:亡くなった人の財産を引き継ぐ権利のある人、法定相続人と呼ぶ
尊属:自分より上の血族、姻族

【た】
代襲相続人:被相続人の子が既に故人のため、代わりに相続する子の子(孫)みたいな感じ。同位扱い
嫡出子:婚姻関係にある男女から生まれた子
直系:自分のルーツ(ルーツってのは養親や養子含む)

【な】

【は】
配偶者:男性から見て妻、女性から見て夫を指す
被相続人:亡くなった人
卑属:自分より下の血族、姻族
傍系:自分のルーツの途中で枝分かれした血族
法定相続分:法的な相続の割合、あくまで基準

【ま】

【や】

【ら】

【わ】