遺留分って何なん?

人が亡くなると同時に相続という法的な事象が生じます、その相続に関係あるはなし。

最低限相続を主張できる権利

今まで法定相続分でナンボやねんっというのんを書いてたけど、もし遺言書で「〇〇には遺産をやらん!」って書いてあったら「マジか!貰われへんのか!」ってなるやん。
せやけど、全部貰われへんかっていうたらそういう訳でもないんですわ。

それがこの遺留分っちゅうやつで遺言書よりもパワーバランスは上ですねん。

パワーバランスでいうたら【 遺留分 > 遺言書 > 法定相続分 】になってて、遺言書に遺留分を超える分配を書いても遺留分は優先されるってことです。
せやけど、遺留分ってのは被相続人の意思である遺言書があってこそのものですねん、そもそも遺言書が無かったら法定相続分は確実に手元に来ます、何故なら法定相続分以外の割り振りは法定相続人全員が認めなければできないから。
この遺言書と遺留分の関係はかなり重要な事やからあとで説明するわ。

遺留分ってナンボなん?

まず遺留分ってのは基本的に遺産の半分(2分の1)やと思ってもろたらええと思う、例外は相続人が直系尊属のみの場合で3分の1となるわ。
この遺留分を法定相続分で分けたらええでってなる。

法定相続分と遺留分の違いは次の図を見てください。
(遺産は9000万円とします。)

法定相続分遺留分
配偶者のみ9000万円4500万円
配偶者と子配偶者:4500万円 子:4500万円配偶者:2250万円 子2250万円
配偶者と子×2配偶者:4500万円 子:2250万円×2配偶者:2250万円 子1125万円×2
子のみ9000万円4500万円
配偶者と直系尊属配偶者:6000万円 直系尊属:3000万円配偶者:3000万円 直系尊属:1500万円
配偶者と直系尊属×2配偶者6000万円 直系尊属:1500万円×2配偶者:3000万円 直系尊属:750万円×2
直系尊属9000万円3000万円 (3分の1)
直系尊属×24500万円×21500万円×2
配偶者と兄弟姉妹配偶者:6750万円 兄弟姉妹:2250万円配偶者:4500万円 兄弟姉妹:0円
兄弟姉妹のみ兄弟姉妹:9000万円兄弟姉妹:0円
法定相続分と遺留分の違い

図を見ると法定相続人が『配偶者と子』の場合で遺言書に『子に全て相続させる』と書いてあったとしても配偶者は遺留分として2250万円は受け取る権利があります。
子は遺言書通りの全額ではなく遺留分が減額され6750万円を受け取る権利があります。
もしこの遺留分が侵害された場合には遺留分減殺請求っちゅうのを申し立てて返還を請求する事が出来ますよ。

要するに遺留分以外は遺言書によって被相続人の自由にできる部分ともいえるし、遺留分は自由にでけへん部分ともいえる。
図の『配偶者と子』でいうたら4500万円はワイに譲ってくれることも出来るし、『直系尊属』でいうたら6000万円を譲ってくれることも出来るんやで。待ってるで

初めに書いたかなり重要ってのは法定相続分と遺留分ってのが単純に半分ではないってところですねん。

法定相続分ではあるはずの兄弟姉妹分が遺留分のところでは0円ってなってますやろ。
被相続人の直系尊属や子がいなければ兄弟姉妹も遺産を受け取る立場になるんですが、遺言書が出てて兄弟姉妹の名前が無かったら蚊帳の外でよされてませんねん、兄弟姉妹には遺留分ってのがそもそも存在しまへん。【 遺言書 > 法定相続分 】
例えば遺言書に『配偶者に全ての財産を・・・』ってなってたら兄弟姉妹だけは「遺留分でナンボか・・・」って言われへんのですわ。
そやから愛する配偶者に出来る限り多くの遺産をって思うんなら遺言書は書いとかなアカンで。

そういえば紀州のドンファンから『田辺市に遺産を寄付する』って遺言書が出て来てドンファンの兄弟姉妹が遺言書の無効を訴えとるやろ。

配偶者の方はドンファンの死に関して容疑者になっとるから、もしドンファンの死に関わっていたと確定すれば相続人としての立場が失われるけど、もし無関係なら遺言書が無効かどうかに関わらず最低限遺留分は受け取れる。(配偶者の相続分 遺言書が有効:50%・無効75%)
しかし兄弟姉妹が遺産を受け取るには遺言書の無効が必須です。(兄弟姉妹の相続分 遺言書が有効:0%・無効25%・無効かつ配偶者の有罪100%)
そういう背景があって無効を訴えてるってことやと思いますよ。

なんかドラマとかで「〇〇にワシの全ての財産を譲る」ってなって、バカ息子達が「なんだって!」みたいなん見るけど現実は貰える分は減ってまうけど、配偶者や子であればゼロになるわけではないんやで!
まぁ一部でも赤の他人に行くってのは親族としては腹立たしい限りやろけど。

基本用語集:続々追加予定

【あ】
姻族:配偶者の血族
遺留分:遺言書などに関係なく遺産を受け取れる権利分

【か】

【さ】
相続人:亡くなった人の財産を引き継ぐ権利のある人、法定相続人と呼ぶ
尊属:自分より上の血族、姻族

【た】
代襲相続人:被相続人の子が既に故人のため、代わりに相続する子の子(孫)みたいな感じ。同位扱い
嫡出子:婚姻関係にある男女から生まれた子
直系:自分のルーツ(ルーツってのは養親や養子含む)

【な】

【は】
配偶者:男性から見て妻、女性から見て夫を指す
被相続人:亡くなった人
卑属:自分より下の血族、姻族
傍系:自分のルーツの途中で枝分かれした血族
法定相続分:法的な相続の割合、あくまで基準

【ま】

【や】

【ら】

【わ】