再代襲相続って何なん?

人が亡くなると同時に相続という法的な事象が生じます、その相続に関係あるはなし。

代襲相続のさらに先

前に『相続の順位』で代襲相続の事を書いたけどその代襲相続人も既に亡くなってたら・・・?

そのさらに先の直系卑属が相続人になります。

これを再代襲相続って言います。

図でいうたらこんな感じやね。

被相続人メチャクチャ長生きやん!

ちなみに(再)代襲相続ってのは被相続人の遺産が子⇒孫⇒ひ孫って経由するわけやなく被相続人⇒孫(ひ孫)って感じやで。
出生順通りに亡くなったら被相続人の遺産は子に行って、子が亡くなったら配偶者とその子(孫)ってなるけど、そうではなく被相続人⇒孫やから子の配偶者は対象外やで。

代襲相続と再代襲相続の違い

一点だけ違う点がありますねん。

それは再代襲は直系卑属のみってことです。『直系って何なんはここの図を見て

どんな感じかは図を見てもらったら分かりやすいかもしれませんが、傍系への再代襲はアカンのよね。

被相続人の甥姪はいけるんやけど、その甥姪の子(姪孫や甥孫って言うらしいわ、読み方は「てっそん」「おいまご」)はアカンねん!

直系卑属やったら再々代襲とか再々々代襲とかも問題ないらしいわ、現実問題として玄孫(孫の子「やしゃご」と読む)とか来孫(玄孫の子「らいそん」っていうらしい)とかに代襲相続するって被相続人はバケモンやで!

基本用語集:続々追加予定

【あ】
姻族:配偶者の血族
遺留分:遺言書などに関係なく遺産を受け取れる権利分

【か】

【さ】
再代襲相続人:代襲相続人の更に直系卑属に相続権が移る事。傍系には非適用
相続人:亡くなった人の財産を引き継ぐ権利のある人、法定相続人と呼ぶ
尊属:自分より上の血族、姻族

【た】
代襲相続人:被相続人の子が既に故人のため、代わりに相続する子の子(孫)みたいな感じ。同位扱い(子=孫)
嫡出子:婚姻関係にある男女から生まれた子
直系:自分のルーツ(ルーツってのは養親や養子含む)

【な】

【は】
配偶者:男性から見て妻、女性から見て夫を指す
被相続人:亡くなった人
卑属:自分より下の血族、姻族
傍系:自分のルーツの途中で枝分かれした血族
法定相続分:法的な相続の割合、あくまで基準

【ま】

【や】

【ら】

【わ】