退去立ち合いって何?

借りてるお部屋から退去(引っ越しする)する時って最後にその借りてる部屋の鍵を貸主さんに返却します。

その際にお部屋の損傷個所などのチェックも兼ねておこなうのが退去立ち合いと呼ばれているものです。

退去立ち合いで多い質問とか色々

Q:退去立ち合いってどのタイミングでするん?

A:大阪ではほとんどの物件で『解約月の賃料は日割り計算しない』と契約になっているのでだいたい皆さん月末の週末に多くなっていますが、もちろん月の初め頃でも可能です。

Q:退去立ち合い後も家賃払ってる分の月末までお部屋に出入りしたいんやけど

A:退去日=解約日となり、全ての鍵の返却が必要でその後は施錠され無許可で出入り出来なくなります。

Q:引っ越し屋が10時に来るので10時に立ち合いに来てもらえますか?

A:立ち合いはお部屋の損傷のチェックも兼ねているので引っ越し屋さんが荷物を出している最中などではおこなえません。全ての荷物を出し終わってからとなりますので引っ越し屋さんに確実に出し終わる時間を聞いてから時間設定をした方が良いです。

Q:粗大ゴミの引き取りが退去1週間後ですがどこか(ゴミ捨て場など)に置いといて大丈夫でしょうか?

A:ダメです。退去立ち合い=解約となるので専有部(居宅内)及び共用部(建物敷地内で居宅外)ともに使用できる権限を失います。なので粗大ゴミは立ち合い日までに引き取りもしくは引っ越し先で引き取りをして頂くことになります。

Q:電気・水道・ガス・インターネットなどはどうしたらいいですか?

A:退去立ち合い日までに解約が必要です。水道・インターネットが定額や無料といった物件の場合は不必要な場合がありますので要確認してください。また個別にインターネットを引いている場合は工事が必要であったり室内器具などがある場合があるので十分なゆとりを持ってお使いのインターネット会社に確認しておいた方が良いです。

Q:退去立ち合いは立ち会わないとダメでしょうか?

A:鍵の引き渡し以外にも残置物の有無や損傷個所のチェックもおこないます。立ち会われない場合残置物の処理や損傷個所のチェックが正当におこなえなくなり借主さんに不利益となる場合がありますので立ち会って頂いた方がベターです。

Q:退去立ち合いは契約者以外でも大丈夫でしょうか?

A:契約者が発行したしかるべき書類と契約者と同等の権限を委任された方(受任者)でしたら可能な場合もございます。経験上は夫が契約者で妻が立ち合いといった場合は問題ございませんが、実際に使用していた契約者(入居者)でない受任者だと判断が出来ないと言われ結局立ち合いが完了とならない場合が多いです。

Q:退去立ち合いをする日は選べますか?

A:基本的には各々の貸主さん(管理会社)の営業時間内となりますがご希望日時で大丈夫です。一般的に月末の週末にかけて立ち合い希望者が増えるためご希望の日時が難しい場合もありますので、退去日が決まりましたら早めの連絡が良いかと思います。

Q:退去費用(原状回復費)はいくらかかりますか?

A:退去後の状態をチェックしない事には何とも言えません。また、退去時のチェックも損傷個所をお互いに確認する作業となりますので、その場で原状回復費がいくらというのも算定できるものではありません。原状回復って何なん?っていうのはコチラ